2006年05月30日

モナコGP



2006/05/28
ライコネンはリタイア〜〜。
ポールは獲れませんでしたが、2位のウェバーをすぐにオーバーテイクして、アロンソのテールにくっついて、0.5秒差で熱い走りで「限界を攻めろ」だったのにな。1回目のピットストップの後で、単純に「2回目で前へ行けるんじゃないの〜」ってニヤニヤ考えてたのにな。あっけなく終わってしまいました。火が出て!!降りるときによろめいたように見えて、心配でしたが…船でくつろいでる姿が映ったので(^^;)

KIMI RAIKKONEN
「今日はボクの願うようにはならなかった。ボクらの戦略では2回目のストップの後にリードが得られるはずだったけど、セーフティーカーが出てきたときに、本当にそのチャンスを失った。その後、断熱による小さな火が出て、ワイヤリングルームにダメージを与え、それでボクにとってレースは終わりとなった。ボクにとってもチームにとっても、いつだってリタイアするのは失望だけど、勝利する良いチャンスがあると分かっていたときは特に厳しいよ。でも、ボクらは進歩を遂げているし、今日は本当にクルマがコンペティティブだったから、シルバーストンで上手くやることを目指すよ。」(F1Racing.jpより)




モータースポーツFINAL RESULT
1.F. Alonso Renault 1:43:43.116
2.JP. Montoya McLaren + 14.567
3.D. Coulthard Red Bull + 52.298

Details ・・・F1Racing.jp

posted by BOOmammee at 18:36| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

お久しぶりです


更新が何週間ぶり?!とすごく開いてしまいました(__;)
PCは調子が悪いし、先週から腰痛に悩み、息子の愛車の自転車が盗まれたり、応援しているライコネンの調子も…とブルーですがなんとか元気です(^^;)
来週ぐらいからは頑張って復活したいと思ってます。
posted by BOOmammee at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | daiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ヨーロッパGP



2006/05/07
サンマリノに続き、ヨーロッパでも新旧王者対決、PPアロンソ、ミハエルの直接対決になりました。
この対決にライコネンもからんでいってほしいのですが…。

スタートから1コーナー手前で、ライコネンがバリチェロを交わすも、インからバトンに前に行かれてしまいました。
リウィッツィのリタイアによりセーフティーカーが入り、4周目ライコネンがバトンをオーバーテイク!!そしてモントーヤもフィジケラを!!
これは右斜め上と思ったんですがけどね〜。
4位ライコネンは、3位マッサとの差が縮まらず、開いてしまうばかりでした。
コース上ではなく、ピット戦略が鍵なレースでピットストップに大注目でした。ピットから出て来るところはハラハラでした。
ライコネン1回目ピットストップを終え、マッサの前には出れませんでしたが、マッサが先にピットしてから少し稼げました。でもなかなか、速さが…ん===。重いとはいえ、コース上での差がな。
2回目のピットストップ以降は、マッサとの差、約3秒。でもこれまた。
ペースが上がってきたのが、残り3周0.7秒、2周0.5!!キターーーよ!
コーナーではマッサのテールにぴったりだけど、立上がりから離されるの繰り返しでした。これ以上は縮められず、4位でチェッカーでした。
惜しい、もう少しだったなー、残念でした。
モントーヤは、残り6周のところでエンジントラブルによりリタイア。

KIMI RAIKKONEN
「レースのスタートでルーベンス バリチェロをパスすることができたけど、不運なことにジェンソン バトンが1コーナーで抜け出してきて、そして4周目にシケインの手前で彼をオーバーテイクすることができた。レースを通してボクのすべてを注ぎ込んだけど、ポディウムを得るには十分ではなかった。クルマのパフォーマンスはボクらが望んでいたものではなかったけど、リーダーに近づいているし、前回のレースよりも確実に良くなっている。バルセロナでの次のグランプリにおいて良いパフォーマンスができるように、ハードワークを続けていく必要がある。」(F1Racing.jpより)

スーパーアグリ井出交代にはびっくりしました。
審議とは聞いていましたが。
残念ですね、でも復活のニュースもありますし、レース復活に期待したいです。




モータースポーツFINAL RESULT
1.M. Schumacher Ferrari 1:35:58.785
2.F. Alonso Renault + 3.700
3.F. Massa Ferrari + 4.400

4. K. Raikkonen McLaren + 4.800

Details ・・・F1Racing.jp


posted by BOOmammee at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。