2006年09月19日

長〜い風邪



息子の風邪は、比較的治りが早く感じていましたが、今回は、咳をしだしたと思ったら熱が出て、解熱剤を飲んでも薬がきれると上がってしまう状態で。
再びお医者さんに診てもらうと、プール熱の検査、レントゲンをとることに。プール熱はかかっておらず、レントゲンから少し肺に炎症があるようですとのこと。咳がどんどんひどくなってたし、熱も。
感染している菌は、マイコプラズマだそう(名前からして手ごわそう・・)。
「抗生物質を飲まなくてはなりません。もし飲めないようなら、変えますので連絡を」と言われ、大丈夫でしょうと思っていましたが、とんでもなくて!!
いつもの風邪の薬は、ジュースにまぜて飲ませていましたが、抗生物質は苦すぎ!で。味見してみると、ジュースの味はぶっとんでました。
薬の量も大人なみだし。苦味がある薬をチョコレートで包んで飲ませた(食べさせた)ことを思い出して薬を飲ませました。
続きを・・・
posted by BOOmammee at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | my son | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

イタリアGP



2006/9/10

KIMI RAIKKONEN
「モンツァでの2位を嬉しく思っている。ボクらにとって良い週末だったし、チームはファンタスティックな仕事をした。ボクらはスタートシステムを改善して、それが1コーナーへのダッシュでかなり助けになったよ。最初のピットストップまではレースをコントロールしていたけど、ミハエルの方がボクよりも1周長く走れたことによって、それがレースの結果を決めたね。」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT

1.M. Schumacher
Ferrari 1:14:51.975
2.K.Raikkonen
McLaren + 8.046
3.R. Kubica
BMW + 26.414

Details ・・・F1Racing.jp



まずは、引退発表をしたミハエル・シューマッハのニュースですよね。
「進退を決めなくては・・・」発言から騒がれ続けていました。イタリアGP後に会見を開くということで、イタリアGPの模様は、シューマッハは引退なのかも・・・という雰囲気でした。
papaが「単独インタビューってことは、引退だな〜」の意見にますます思いました。

ライコネンファンとしては、ライコネンの来季からの契約先はいったい?!と大いに気になるところですが、シューマッハが決まらなければとはと思っていましたね。
その会見後に出てきましたね、ついに、"ライコネン、フェラーリへ移籍決定"でした!!!そうなりましたかぁ〜そうだったんだぁ〜!!
シューマッハが、いないF1というのは、イメージがわかない(あたりまえです;)来季になってみないと。
ライコネンの赤いレーシングスーツ姿というのも・・・イメージが。雑誌でライコネンが、赤いレーシングスーツ着てる姿が描かれてましたが・・・見返してみよう。
こうなって思うと、今年は、初表彰台&初優勝が多々観れたし、そこからも世代交代のシーズンなのかなと思いました。

レースは>>
ライコネンがシューマッハに0.002秒差でPP。
このまま優勝してほしかったけど、1回目のピットインでシューマッハに抜かされてしまいました。
そのまま維持して、2位でチェッカー!!

アロンソは、エンジンブローでリタイアしてしまったので、シューマッハとの差は、2ポイントとなりました。
チャンピオンはラストまで、接戦!!(^^)


posted by BOOmammee at 20:58| Comment(2) | TrackBack(3) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。