2006年10月26日

ブラジルGP



2006/10/22

KIMI RAIKKONEN
「とても難しいレースだった。僕の車は今日はグリップがなくて、とても運転しにくかったんだ。遅い車をオーバーテイクするのが簡単ではなかったから、ストレートラインのスピードが本当はもっと速くなければいけなかったんだ。レース終盤では一度はらんでしまって、ミハエル シューマッハに詰め寄られてしまった。そして、がんばったんだけれど、ミハエルを抑えておくことができなかった。これがマクラーレン メルセデスチームでの僕の最後のレースだったので、僕を5年間にわたって支えてくれたチームのみんなに感謝したい。
」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT

1.F. Massa Ferrari
Ferrari 1:31:53.751
2.F. Alonso
Renault + 18.658
3.J. Button
Honda + 19.394

Details ・・・F1Racing.jp


とうとうFINAL ROUND ブラジルGP。
シューマッハの引退ラストラン、ファイナルラウンドでチャンピオン決定戦、ライコネンのマクラーレンでのラストレース、印象の残るGPになりました。


SNOOPYも赤にしなきゃ。続きは・・・
posted by BOOmammee at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

日本GP



2006/10/8

KIMI RAIKKONEN
「レースをスタートした位置から考えれば、いい結果だったと思うよ。でも5位を争うのは本当は不満だし、これが僕たちがこの週末にしたかったことじゃないね。車は今日は、特にロングランではずいぶん良くなっていたけど、今日のレースの敗因は、僕たちが車から速さを本来の速さを引き出せなかった予選結果だね。」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT

1.F. Alonso
Renault 1:23:53.413
2.F. Massa
Ferrari + 16.151
3.G. Fisichella
Renault + 23.953

Details ・・・F1Racing.jp



日本GPからもう2週間がたとうとしてますが、まだまだ余韻にひたっています。
行ってきました、鈴鹿へ。決勝日だけの弾丸で行ってきました。


すごい長文ですが・・・続きは
posted by BOOmammee at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

中国GP



2006/10/1

KIMI RAIKKONEN
「今日は勝てると思ってたから、この結果は残念だよ。何が起きたのかはわからないけれど、突然スロットルが正しく反応しなくなって、エンジンがセーフティーモードになってニュートラルになったんだ。スタートはうまくいって、いくつかポジションを上げることができたよ。タイトだったから、そのときはフィジケラを抜こうとはしなかったけれど、その後で彼をオーバーテイクして、最初のピットストップの前にアロンソに近付くことができたんだ。とてもがっかりしたけれど、少なくとも僕達に速さがあることがわかったから、今は日本GPを楽しみにしているよ。」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT

1.M. Schumacher
Ferrari 1:37:32.747
2.F. Alonso
Renault + 3.121
3.G. Fisichella
Renault + 44.197

Details ・・・F1Racing.jp



シューマッハの引退、ライコネンのフェラーリ移籍の発表のあったイタリアGP後、3週間を置いて、ROUND16上海。
「チャンピオン争いがついに決着か?!」とクライマックス。

上海は、混乱&波乱が大な雨。ライコネンは5番からスタート。好スタートをきって、カッコいいオーバーテイクを見せてくれて、いや〜久しぶりに速さを感じるレースだったのにな〜。
19週目にエンジントラブルによるリタイアになってしまったー。「・・・ライコネンだー!!」と今季は何回聞いたかな。
ライコネンのレース後のコメントにもありましたが、あの走りで期待しちゃいました。日本GPこそ!

1位シューマッハ、2位アロンソという結果で、ドライバーズポイントが同点に!!そして、鈴鹿で決着?!本当予想外。
スーパーアグリは、琢磨&左近のW完走でしたが、琢磨が速いドライバーの進路妨害をしたとして、リザルト抹消されてしまいました。
次は、鈴鹿だし、期待しましょう。

実は、念願のF1観戦、鈴鹿に行きます黒ハート!!突然決まって、あたふたですあせあせ(飛び散る汗)東京からだと遠〜〜〜〜いなぁ。
もう日本GP開幕なのに、今頃更新してます・・・。
次回更新は、日本GP後モータースポーツ
posted by BOOmammee at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

イタリアGP



2006/9/10

KIMI RAIKKONEN
「モンツァでの2位を嬉しく思っている。ボクらにとって良い週末だったし、チームはファンタスティックな仕事をした。ボクらはスタートシステムを改善して、それが1コーナーへのダッシュでかなり助けになったよ。最初のピットストップまではレースをコントロールしていたけど、ミハエルの方がボクよりも1周長く走れたことによって、それがレースの結果を決めたね。」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT

1.M. Schumacher
Ferrari 1:14:51.975
2.K.Raikkonen
McLaren + 8.046
3.R. Kubica
BMW + 26.414

Details ・・・F1Racing.jp



まずは、引退発表をしたミハエル・シューマッハのニュースですよね。
「進退を決めなくては・・・」発言から騒がれ続けていました。イタリアGP後に会見を開くということで、イタリアGPの模様は、シューマッハは引退なのかも・・・という雰囲気でした。
papaが「単独インタビューってことは、引退だな〜」の意見にますます思いました。

ライコネンファンとしては、ライコネンの来季からの契約先はいったい?!と大いに気になるところですが、シューマッハが決まらなければとはと思っていましたね。
その会見後に出てきましたね、ついに、"ライコネン、フェラーリへ移籍決定"でした!!!そうなりましたかぁ〜そうだったんだぁ〜!!
シューマッハが、いないF1というのは、イメージがわかない(あたりまえです;)来季になってみないと。
ライコネンの赤いレーシングスーツ姿というのも・・・イメージが。雑誌でライコネンが、赤いレーシングスーツ着てる姿が描かれてましたが・・・見返してみよう。
こうなって思うと、今年は、初表彰台&初優勝が多々観れたし、そこからも世代交代のシーズンなのかなと思いました。

レースは>>
ライコネンがシューマッハに0.002秒差でPP。
このまま優勝してほしかったけど、1回目のピットインでシューマッハに抜かされてしまいました。
そのまま維持して、2位でチェッカー!!

アロンソは、エンジンブローでリタイアしてしまったので、シューマッハとの差は、2ポイントとなりました。
チャンピオンはラストまで、接戦!!(^^)


posted by BOOmammee at 20:58| Comment(2) | TrackBack(3) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

トルコGP



2006/8/27

KIMI RAIKKONEN
「スタートはとても散らかっていた。スピンしていたフィジケラを避けようとしたけど、スピードがボクの左リアに当たってきてパンクした。何ができるかピットに戻るため、ほとんど1周ダメージを受けたタイヤで走らなければならなかった。チームはタイヤを交換したけど、その時点でクルマはかなりのダメージを受けていたみたいだ。レースに復帰したらリアエンドのグリップがまったくなくて、滑ってコースを飛び出し、タイヤバリアに当たって終わりさ。背中がちょっと痛いけど、心配することはない。ボクのレースがこれほど早く終わってしまったことはもちろんがっかりだけど、ボクらにできることは何もなかった。」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT

1.F. Massa
Ferrari 1:28:51.082
2.F. Alonso
Renault + 5.575
3.M. Schumacher
Ferrari + 5.656

Details ・・・F1Racing.jp



またまた残念なレースでした。(ライコネンファンの私にとっては・・・)
予選では8位でしたが、ラルフのエンジン交換で10グリッドさがるので、ライコネンは7番スタートでした。
スタート1コーナーでトロロッソのスピードに、後から追突されてしまいました。
トップを映していて、クラッシュしたマシンがどうなってるのかわからず、順位の表示にライコネンの名前が出てこなかったので、リタイアとがっかりしてました。
でも、リアタイヤが破損してる状態で走っているライコネンのマシンが映ったんです。「良かった〜!!なんとか戻って!!」と最悪なリタイアは避けられると思いました。
タイヤがバーストした状態でピットに戻り、32秒の作業で大きなタイムロスはしょうがないけど、コースに復帰できたのでホッとしてました。が・・・!!
その直後に、ウォールに激突してクラッシュしてるライコネンのマシンが映りました。
ホッとしたのに、2度も痛い思いしちゃいました(T T)なかなかマシンから降りようとしないので、心配でしたが、やっぱり体を痛めてたのですね。
予定通りテストにも参加できるとのことだし、大事にいたらなくて良かったですね。

レースは最後まで観てました。チャンピオン争い気になりますからー。
シューマッハとアロンソのバトル、すごかった!!チェッカーで、0.081秒って(@@)最後の最後まで諦めないシューマッハの執念・・・。

残り4戦かぁ。あっというまだなぁ。ストーブリーグ気になりますね。イタリアでは、動きがあるのかな。
posted by BOOmammee at 20:26| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

ハンガリーGP & ドイツGP


hangari-.gif
2006/8/6

KIMI RAIKKONEN
「リウッツィとの接触を避けるためにできることは何もなかった。彼はレーシングライン上で本当にスローダウンしたため、ボクには彼の後ろに突っ込む以外に行き場所はなかったよ。レースのスタートは本当に良くて、ミシュランタイヤの最初のセットは本当によく機能していたけど、最初のピットストップの後はフロントのグリップに悩まされ、結果としてフェルナンド アロンソは彼のリードを築くことができた」

「特に勝利するチャンスがあったからこのような形で終えるのは決して素晴らしくはないけど、ボクらは前を見つめる必要があるし、謝りに来たリウッツィの姿勢を本当に理解しているよ。ペドロは素晴らしいパフォーマンスでよくやったね」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT
1.J. Button Honda 1:52:20.941
2.P. de la Rosa McLaren + 30.837
3.N. Heidfeld BMW + 43.822

Details ・・・F1Racing.jp




doitu.gif
2006/7/30

KIMI RAIKKONEN
「ボクらはいくつか問題を抱えていたから、ポディウムというのは本当に今日ボクらが達成できた最高の結果だ。レース中は最初のピットストップにおいて、ホイールナットのせいで遅れた。2セット目のタイヤからはブリスターに悩まされ、ハイドロリックに小さな問題も抱えていたために、最初のストップの後でジェンソン バトンがボクの前に出ることができたんだ。でも、レース終盤においてはそれらのどの問題にも悩まされることがなく、とても力強かった」

「今日の結果はクルマが間違いなく改善されていることを示しているし、次のレースではもっと上手くやれることを願っているよ」(F1Racing.jpより)


モータースポーツFINAL RESULT
1.M. Schumacher Ferrari 1:27:51.693
2.F. Massa Ferrari + 0.720
3.K. Raikkonen McLaren + 13.206

Details ・・・F1Racing.jp

続きを....
posted by BOOmammee at 20:35| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

フランスGP



2006/07/16
今戦こそと期待して、もうROUND11・・・。ポイントは獲得できたものの。今季のチャンピオンは諦めても優勝してほしい==!!
ピットストップのミスなど、惜しいレースもあってフラストレーションが溜まるぅ(TT)
パーフェクトなレースをして、ファンを喜ばせてほしいですね〜。
ライコネンのコメントを聞いて、"今度こそ・・・・・・"とまた期待しましょう。(ちょっと警戒もしつつ、ショック大きくないように。でも無理か)


KIMI RAIKKONEN
「クルマは本当に良いハンドリングだったのにがっかりのレースだったよ。勝利するためのスピードは欠如していたけど、2回目のストップのときにコンマ何秒かロスしたし、今日はそれによって4位を失ったから、間違いなくもっと上手くやれていたね。クルマは着実に改善されていて、次のテストではさらなる開発が得られるから2週間後のホッケンハイムでの次のレースを楽しみにしているし、そこではメルセデスベンツの地元の観衆の前でもっと良い結果が得られることを願っている。」(F1Racing.jpより)



モータースポーツFINAL RESULT
1.M. Schumacher Ferrari 1:32:07.803
2.F. Alonso Renault + 10.131
3.F. Massa Ferrari + 12.546

5. K. Raikkonen McLaren + 33.006


Details ・・・F1Racing.jp

posted by BOOmammee at 21:10| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

モナコGP



2006/05/28
ライコネンはリタイア〜〜。
ポールは獲れませんでしたが、2位のウェバーをすぐにオーバーテイクして、アロンソのテールにくっついて、0.5秒差で熱い走りで「限界を攻めろ」だったのにな。1回目のピットストップの後で、単純に「2回目で前へ行けるんじゃないの〜」ってニヤニヤ考えてたのにな。あっけなく終わってしまいました。火が出て!!降りるときによろめいたように見えて、心配でしたが…船でくつろいでる姿が映ったので(^^;)

KIMI RAIKKONEN
「今日はボクの願うようにはならなかった。ボクらの戦略では2回目のストップの後にリードが得られるはずだったけど、セーフティーカーが出てきたときに、本当にそのチャンスを失った。その後、断熱による小さな火が出て、ワイヤリングルームにダメージを与え、それでボクにとってレースは終わりとなった。ボクにとってもチームにとっても、いつだってリタイアするのは失望だけど、勝利する良いチャンスがあると分かっていたときは特に厳しいよ。でも、ボクらは進歩を遂げているし、今日は本当にクルマがコンペティティブだったから、シルバーストンで上手くやることを目指すよ。」(F1Racing.jpより)




モータースポーツFINAL RESULT
1.F. Alonso Renault 1:43:43.116
2.JP. Montoya McLaren + 14.567
3.D. Coulthard Red Bull + 52.298

Details ・・・F1Racing.jp

posted by BOOmammee at 18:36| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ヨーロッパGP



2006/05/07
サンマリノに続き、ヨーロッパでも新旧王者対決、PPアロンソ、ミハエルの直接対決になりました。
この対決にライコネンもからんでいってほしいのですが…。

スタートから1コーナー手前で、ライコネンがバリチェロを交わすも、インからバトンに前に行かれてしまいました。
リウィッツィのリタイアによりセーフティーカーが入り、4周目ライコネンがバトンをオーバーテイク!!そしてモントーヤもフィジケラを!!
これは右斜め上と思ったんですがけどね〜。
4位ライコネンは、3位マッサとの差が縮まらず、開いてしまうばかりでした。
コース上ではなく、ピット戦略が鍵なレースでピットストップに大注目でした。ピットから出て来るところはハラハラでした。
ライコネン1回目ピットストップを終え、マッサの前には出れませんでしたが、マッサが先にピットしてから少し稼げました。でもなかなか、速さが…ん===。重いとはいえ、コース上での差がな。
2回目のピットストップ以降は、マッサとの差、約3秒。でもこれまた。
ペースが上がってきたのが、残り3周0.7秒、2周0.5!!キターーーよ!
コーナーではマッサのテールにぴったりだけど、立上がりから離されるの繰り返しでした。これ以上は縮められず、4位でチェッカーでした。
惜しい、もう少しだったなー、残念でした。
モントーヤは、残り6周のところでエンジントラブルによりリタイア。

KIMI RAIKKONEN
「レースのスタートでルーベンス バリチェロをパスすることができたけど、不運なことにジェンソン バトンが1コーナーで抜け出してきて、そして4周目にシケインの手前で彼をオーバーテイクすることができた。レースを通してボクのすべてを注ぎ込んだけど、ポディウムを得るには十分ではなかった。クルマのパフォーマンスはボクらが望んでいたものではなかったけど、リーダーに近づいているし、前回のレースよりも確実に良くなっている。バルセロナでの次のグランプリにおいて良いパフォーマンスができるように、ハードワークを続けていく必要がある。」(F1Racing.jpより)

スーパーアグリ井出交代にはびっくりしました。
審議とは聞いていましたが。
残念ですね、でも復活のニュースもありますし、レース復活に期待したいです。




モータースポーツFINAL RESULT
1.M. Schumacher Ferrari 1:35:58.785
2.F. Alonso Renault + 3.700
3.F. Massa Ferrari + 4.400

4. K. Raikkonen McLaren + 4.800

Details ・・・F1Racing.jp


posted by BOOmammee at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

サンマリノGP



2006/04/23

すごいバトルが見れましたね。
レースは、ミハエルVSアロンソ1色な、大半がコンマ何秒差のバトル!
もちろんドライバーは、想像を絶するプレッシャーですが、見てるほうもかなりのものでした。
ライコネンファンの私としましては、まったくライコネンが映らなかったので(しょうがないんですけどね)、タイムや順位表示を見守るばかりでしたねー。
オーバーテイクが皆無といっていいほど難しいサーキットでしたし、2回目のピットストップ後残り13週からチェッカーまで、マッサとの差が0.何秒となってましたが、やはり抜けなかったんですね。
そのバトルも見れないでいたのですが…。(愚痴ばかり、見たかった〜)
5位入賞でポイントゲット☆
ニュースでは、期待大なコメントも出てますし、次戦では勇姿バッチリ見せてほしいです!!


KIMI RAIKKONEN
「今日の僕のマシンに対して、まるっきり喜んでいるというわけではないし、全開で走れなかった。僕のスタートはあまり良くなくて、ポジションを落とした。レースの前半はトラフィックによって僕の展開が邪魔された。2度目のストップ後、マシンはかなり良くなって、速くドライブできるようになった。だから、もう1度攻め始めることが出来た。しかしながら、フェリペ マッサの後ろでつかまったし、イモラでオーバーテイクすることは今日のレースを見た限りでは不可能だよ。僕らはいくらかポイント増やしてイモラを離れることが出来た。それは重要なことだし、いまからドイツでの次のレースが楽しみだよ。」(F1Racing.jpより)




モータースポーツFINAL RESULT
1.M. Schumacher Ferrari 1:31:06.486
2.F. Alonso Renault + 2.096
3.JP. Montoya McLaren + 15.868



5. K. Raikkonen McLaren + 17.524

Details ・・・F1Racing.jp



posted by BOOmammee at 15:03| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

オーストラリアGP



2006/04/02
決勝の日は、予定があって、出先で観戦することに。ギリギリでフォーメーションラップから見ることができました。が…、集中して見れず、今日やっとゆっくり見れましたぁ。

ラウンド3は、オーストラリア・アルバートパークサーキット。
パーク内の池の周りを走る、市街地コース。
グリップ力も低いということで、予選から大荒れ。
第1、2ピリオドで、中断があり、雨も。何度もタイムアタックが出来るものの、レース同様にトラブルに巻き込まれることと、速ければ上位になれるわけではないということを、実感できた予選でした。
ライコネンは、トラブルなく予選4位。



続きは・・・
posted by BOOmammee at 21:15| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

マレーシアGP



2006/03/19
開幕から期待を"大"に、ラウンド2のマレーシアでは優勝だと思っていたのに==(TT)
ライコネン1周目でリタイアになってしまいました。
しかも、後ろから追突をされてのリタイア==。悔しすぎです!
TVからはあまり情報が得られなくて…
「何で?どうなった?それから?映してー!・・。・。」。
レースは進んで、ライコネンのマシンが見えてこないっていうか、復活してと願っていましたが、やっとその時の映像が入ってきた時には(TT)。
よくわからなかったのでネットで確認。
クリエンに追突されてリアサスペンションが壊れてしまったということでした。1周も出来ずにリタイアなんて、レースですから何が起きるかわかりませんけれど。

KIMI RAIKKONEN
「…ポジティブな点は、チームが最初の2レースにおいて優れたレースにおける信頼性を持っていたことであり、ボクはすでに2週間後のメルボルンを楽しみにしているよ。」(F1Racing.jp)
前向きなコメントにファンは励まされますね。でも立ち直るまで、もう少し。

琢磨がまた完走したのはうれしかったですね。
リウッツィとのバトルはビックリでした。結果は抜かれてしまったけれど、抜き返したりと頑張ってました。
アグリオーナーからは
「…車の持っているパフォーマンスの何倍も頑張ってくれた。早くいい車を渡してあげたい」と言ってましたね。





モータースポーツFINAL RESULT
1.G. Fisichella Renault 1:30:40.529
2.F. Alonso Renault + 4.585
3.J. Button Honda + 9.631

Details ・・・F1Racing.jp



posted by BOOmammee at 18:05| Comment(2) | TrackBack(1) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

バーレーンGP



2006/03/12
いよいよきました!F1グランプリ2006開幕!!
オフは長かったな〜。でもオフ中もいろいろたくさんのニュースがありました。レギュレーションも変わって、予選方式がノックアウト方式になり、タイヤ交換の復活になりました。予選方式はなかなかピンとこなかったですが、始まってようやく(^^;)。でも何台もアタックしてるので、わかりずらい感もあり、認識不足もあり…だんだんとなれるかな。
ラウンド1は、バーレン・インターナショナルサーキット。
砂漠の中に造られたサーキット。イメージからも暑さがすごそうな感じでしたが、気温は24℃。
予選1回目早々に、ライコネンがコースアウトしてタイヤが大破!!
いきなり頭を抱える状況に。最下位の22番グリッド。昨年のごぼう抜きを期待して。続きを読む
posted by BOOmammee at 00:53| Comment(4) | TrackBack(3) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

いよいよ F1 GRANDPRIX2006


待ちに待ったF1開幕で、うれしー(^^)
シーズンオフ中の、スーパーアグリF1の発表にはビックリでした。今季は厳しいとのことですが、琢磨を迎えてグリッドに並べるので、楽しみです!
開幕までにと、F1雑誌を買ったり、ニュースにかじりついたりして、頭にたたきこんで…。
ハラハラドキドキワクワクです。1番の願いは、今季こそ!ライコネンがチャンピオンにですね。マクラーレンの不安なニュースもありますが、ファンとしては期待を胸に応援ですね。
posted by BOOmammee at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | formula1 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。